ルテインは実は人体に元々ある成分です。

目や乳房、子宮頸部に存在します。

ルテインを摂取することによって、ブルーライトから目を守り、視力アップにつながる効果が期待できるのです。

 

ルテインの効果

ルテインは眼球の水晶体、中央にある黄斑部という部分に存在します。

特に黄斑部はルテインとゼアキサンチンで構成されています。

ルテインとゼアキサンチンがあることによって、外から入ってくる光からの酸化ダメージから水晶体や黄斑部を守ってくれているのです。

 

目の中のルテインやゼアキサンチンの量が増えれば増えるほど、目の機能がアップすることがわかってきています。

 

例えば、暗い場所で対象物と他のものを見分けやすくなったり(色のコントラストがはっきりするため)、

まぶしさに強くなるのです。

 

ブルーライトとルテイン

ブルーライトはいまでは私達の周りにあふれています。

スマホや、テレビ、パソコン。

LEDライトの光源もかなりの強さのブルーライトを放射しています。

ブルーライトは目の奥まで届き、頭痛やドライアイ、目の疲れなど様々な悪影響を及ぼします。

 

ルテインとゼアキサンチンはブルーライトを吸収する働きがあるので、フィルターとして機能し、私達の目をブルーライトの悪影響から守ってくれます。