ルテインは美肌を作るのにも効果を発揮します。

 

ブルーライトはしみを作る?

ブルーライトは目に良くない、とされていますが、実は肌にも悪影響を及ぼします。

紫外線は肌の表層に届くだけですが、ブルーライトは肌の奥深くまで進み、肌の細胞組織を破壊、しみやたるみの原因を作るのです。

 

 

可視光線の中でもブルーライトは最も有害とされています。

ルテインにはそんなブルーライトをカットする働きがあります。

 

 

普通の日焼け止めではブルーライトを完全にカットすることはできないので、ルテインによるインナーケアはこれからの時代、重宝されるようになるでしょう。

 

ルテインは肌のハリにも影響あり

美肌に大事なことは、肌がみずみずしいハリを保っていること、しみやくすみのない透明感のある肌質であること。

この条件が揃っているだけで、年齢よりも若く見えます。

 

ルテインを口から飲んだり、肌に塗ることで、お肌の弾性が増加するという結果が報告されています。

 

ブルーライトから守ってくれるだけでなく、肌のみずみずしさにも良い影響を及ぼすんですね。

 

これならルテインを積極的に摂取したいところですが、基本的にはサプリメントが多いです。

そのうちルテイン入りの化粧品が発売されるかもしれません。